2017.04.01

【着任のお知らせ】野口幸希さんが助教に着任しました。
【昇任のお知らせ】西村友宏講師が准教授に昇任しました。

2016.10.15

「ベストポスター賞」受賞のお知らせ(平成28年10月受賞)

 受賞者:稲垣 舞(他、9名) 所属:薬剤学講座(後期博士課程1年))
 主催団体名:日本薬物動態学会第31年会
 演題名:マウス胎盤内プロスタグランジンE2分解に果たす輸送体の役割
     

2016.04.01

【昇任のお知らせ】
登美斉俊准教授が教授として講座主任に就任しました。

2016.03.31

【退任のお知らせ】
講座主任でありました中島恵美名誉教授は本年3月末をもって定年により退任しました。

2016.01.12

【中島恵美教授最終講義のお知らせ】
本講座教授中島恵美は本年3月末をもって定年により退任することになりました。
ご退任を記念し、以下の通り最終講義を開催致します。
どなたでも参加できます。
日時:2016年3月19日
場所:慶應義塾大学薬学部マルチメディア講堂(1号館地下1階)
14時-15時 特別講演 Dr. Leslie Z Benet (UCSF教授)
15時-16時 最終講義 中島 恵美 教授

2015.08.26

【臨床試験】被験者募集開始のお知らせ
薬剤の使用の際の、プラセボ効果と遺伝子多型の関係を科学的に解明するための研究です。
使用する薬剤・機器は安全性の確立されたものを用います。
募集期間:2015年8月26日〜9月30日(終了しました) 詳細はこちら >>

2015.07.13

【臨床試験】被験者募集開始のお知らせ
薬剤の使用の際の、カウンセリングによる効果を科学的に解明するための研究です。
使用する薬剤・機器は安全性の確立されたものを用います。
募集期間:2015年7月15日〜9月30日(終了しました) 詳細はこちら >>

2015.05.22

登美准教授が日本薬剤学会奨励賞を受賞されました。

2015.03.31

「優秀発表賞」受賞のお知らせ(平成27年03月受賞)

 受賞者:明石 知也 所属:薬剤学講座(博士課程前期課程1年))
 主催団体名:日本薬学会第135年会
 演題名:げっ歯類胎盤syncytiotrophoblast第二層頂端膜におけるMdr1及びBcrpの局在
     

2014.07.31

講座員及び業績のページを更新しました。

2014.06.15

「優秀発表賞」受賞のお知らせ(平成26年06月15日受賞)

 受賞者:野口 幸希(所属:薬剤学講座(博士課程2年))
 主催団体名:第9回トランスポーター研究会年会
 演題名:有機アニオントランスポーターOAT4によるolmesartan輸送.

2014.05

「Post-Doctoral Poster Presentation Award, the second place」受賞のお知らせ(平成26年05月受賞)

 受賞者:西村 友宏 講師
 主催団体名:The 5th Asia Pacific ISSX Meeting
 演題名:Hypotaurine Transporter Contributes to Cytoprotection
    in Placental Trophoblasts from Oxidative Stress.

2014.04

西村 友宏助教が講師に昇進しました。

2013.11

「優秀発表賞」受賞のお知らせ(平成25年11月受賞)

 受賞者:佐野 雄一朗(所属:薬剤学講座(博士課程前期課程1年))
 主催団体名:Asian Federation for Pharmaceutical Sciences 2013
 演題名:Role of nucleoside transporters on rat transplacental permeability
   of nucleosides and nucleoside-analogue drugs.

2013.03

「優秀発表賞」受賞のお知らせ(平成25年03月受賞)

 受賞者:小田 憲司所属:薬剤学講座(博士課程前期課程2年))
 主催団体名:日本薬学会第133年会
 演題名:胎盤関門細胞におけるABCG2プロモーター領域メチル化および発現量に及ぼす基質薬物の影響.
     

2012.09.01

「相馬賞」受賞のお知らせ(平成24年09月受賞)

 受賞者:江口 拡美(所属:薬剤学講座(博士課程前期課程1年))
 主催団体名:IFPA Meeting 2012
 演題名:Characterization of sodium dependent betaine uptake
       in human placental brush-border membrances.

2011.11

中島教授が慶應義塾賞を受賞されました。

2011.04

登美 斉俊講師が准教授に昇進されました。

2010.07.28

論文がBiol. Pharm. Bull.の表紙(Vol.33, No.8)に採用されました。
Differential Expression of Ezrin and CLP36 in the Two Layers of
Syncytiotrophoblast in Rats
Higuchi K, Iizasa H, Sai Y, Horieya S, Lee KE, Wada M, Nishimura T, Wakayama
T, Tamura A, Tsukita S, Kose N, Kang YS, Nakashima E
表紙拡大 ≫

2010.07.11

「優秀発表賞」受賞のお知らせ(平成22年7月受賞)

受賞者:樋口 慧 (博士後期課程3年)
主催団体名:第5回トランスポーター研究会年会
演題名:胎盤hypotaurine取り込みにおけるGABAトランスポーター(Slc6a13)の関与

2010.07.01

研究業績のページに、平成20年度・21年度の業績リストを追加しました。

2009.01.01

登美斉俊講師がご着任されました。

2008.05.22

中島教授が日本薬剤学会永井記念国際女性科学者賞を受賞されました。

2008.02.29

「Poster Presentation Award」受賞のお知らせ(平成19年11月受賞)

 受賞者:牟田真理子博士(所属:薬剤学講座(客員研究員))
 主催団体名:Organisation for Oncology and Translational Research
 演題名:Inhibition of Vasculogenesis on Endothelial Progenitor Cell Line TR-BME
     by Docetaxel and Paclitaxel

2008.02.29

「発表優秀賞」受賞のお知らせ(平成19年12月受賞)

 受賞者:高木彰紀(所属:薬剤学講座(博士前期課程2年))
 主催団体名:トランスポーター研究会第1回関東部会
 演題名:TR-TBT 18d-1およびラット胎盤刷子縁膜小胞を用いた
     エリスロマイシン取り込み機構解析

2008.02.29

研究業績のページに、平成19年度の学会発表・研究報告を業績リストに追加しました。

2008.02.01

平成20年度大学院生二次募集は終了致しました。

2008.01.21

当講座主催のシンポジウム 「Keio-Sichuan-Nagai Foundation Joint International Symposium on Perspectives of Drug Delivery in Asia」が開催されます。(第1回公告)
シンポジウムポスターはこちらです (ppt) ≫ first announcement (ppt) ≫

2008.01.21

第4回鐘門会・共立薬科大学薬剤学講座10周年記念講演会」の様子を掲載しました。

2007.10.20

医薬品情報データベース」に「セルフメディケーションハンドブック日英対訳版」を追加しました。

2007.09.20

講座について講座員紹介研究の内容」・「セミナー紹介鐘門会」を更新しました。

2007.08.20

「平成20年度大学院生二次募集“(12月予定)」のお知らせ。

2007.08.10

「OTC薬適正使用のためのe-Learning」をメインメニューに追加しました。詳細 ≫

2007.05.01

平成18年度学位記授与式において、薬剤学講座より4名が代表に選ばれました。詳しくはこちらへ ≫

2007.05.01

研究業績のページに、平成18年度・17年度の業績リストを追加しました。