薬剤学講座ホームへ 研究室紹介 受験生の皆様へ 医薬品情報データベース OTC 薬適正に使用ためのe-learing 教室行事
       
   
   
利用規約 印刷用ページ
  介護者のための医薬品情報データベース利用規約  

第1条 (目的)

介護者のための医薬品情報データベース(以下、本データベース)利用規約(以下本規約)は、本データベースに関して、円滑で安全な運営と利用に関し必要事項を定めることを目的とする。

第2条 (定義)

利用者が本規約に基づき利用できるデータベースは、下記のデータベースとする。
・介護者のための医薬品情報データベース

第3条 (著作権)

本データベース及び本データベースに関する著作物は、慶應義塾大学薬学部薬剤学講座に帰属する。

第4条 (禁止事項)

本データベースにおいて、利用者が次に揚げる行為を禁止する。
(1)利用者が、本データベースを分離または複製し、そのまま、
      または加工して頒布すること。
(2)利用者が、本データベースを公衆送信等を利用して提供することは、
      営利、非営利に関係なくできません。
(3)本データベースに関するプログラムの改変、不正なアクセス
(4)本データベースの運営を妨げるような行為。

第5条 (免責事項)

本データベース利用者が、本データベースの利用により、万が一不都合、不利益、又は損害を被った場合でも、本データベースを運営する慶應義塾大学薬学部薬剤学講座、本データベースの作成にかかわった者のいずれも、一切責任を負いません。

第6条 (リンクについて)

本データベースに対して、利用者がリンクを希望する場合には、事前に、氏名、連絡先、リンク元となるWebサイトの内容、アドレス及びリンクの趣旨などを慶應義塾大学薬学部薬剤学講座へ連絡し、承諾を得る必要があります。
(1)直接リンクのお断り
     外部サイトから、本データベースへの直接のリンクを禁止する。
     リンクする場合は、慶應義塾大学薬学部薬剤学講座
  Webサイト、トップページにリンクするようにしてください。

第7条 (変更)

(1)慶應義塾大学薬学部薬剤学講座は、利用者に事前の通知、
   または、承諾を得ることなく、本規約の条項の変更、または新規条項を
   追加することができる。
(2)慶應義塾大学薬学部薬剤学講座は、利用者に事前の通知、
   または、承諾を得ることなく、本データベースの改訂を行うことができる。

附則

本規約は2005年7月10日から施行します。
2008年4月1日 共立薬科大学薬剤学講座を慶應義塾大学薬学部薬剤学講座に改正。